舞の小屋

ぶちゃかわいいペキニーズ親子のお家です。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人気ブッフェ「ハプナ」のランチと阿修羅

4月18日(土)、4月度の食べ歩き味覚野外講座で
品川プリンスホテル ・メインタワー1Fにある
リュクスダイニング「 ハプナ 」のランチブッフェに行きました。(☆▽☆)


2009-04-18-1.jpg

「ハプナ」はハワイ語で語源は「水の湧き出る場所」。
水の癒しとスローブッフェを楽しむ、大人の美食空間。が
ハプナのコンセプトらしいが・・・
大人気のレストランとあって、11時30分のオープンからこの混雑。
とてもスローブッフェを楽しむなんて、無理です。(´ヘ`;)


2009-04-18-9.jpg

洋食コーナーは既に長い行列です。

並ぶのが大嫌いな私、それ程並ばなくても良い和食コーナーで
蟹・豚しゃぶ・煮野菜をチョイスし、頂きながら・・・
洋食コーナーの列が少なくなるのを見計らい、
洋食コーナーの列に付きました。
並ぶ事5~6分、温野菜とローフトビーフをゲットしたのです。
他にどんな料理が出ていたか?なんて、分かりません。( ̄∇ ̄;)わて?


2009-04-18-2.jpg

あまりの混雑でスローブッフェを楽しむ事は出来ませんでしたが
何はともあれ、お味もまぁまぁ、お腹も満腹になりました~。

ランチの後は上野に向かい、上野公園横の駐車場に
バスを留め置き、2時間45分のフリータイムです。
講座の皆さんは殆どの方がアメ横へ、
私は東京国立博物館に向かいました。


2009-04-18-4.jpg

東京国立博物館で開催中の「国宝阿修羅展」を観たかったんです。
でも20分待ちなんですぅ。
↓並んだ列から撮った写真ですが入り口まで遠いでしょ!Σ(゚□゚(゚□゚*)
お日様は照るし~~と思ったら
係りの方が「日傘をどうぞ」と日傘のサービスが有りました。
こういう気遣いって・・・嬉しいですねぇ♪(≧∇≦)


2009-04-18-8.jpg

↓看板の阿修羅を撮りました。
ashura1.jpg
「国宝阿修羅展」は
奈良・興福寺の
創建1300年を記念して
開催され、
国宝・阿修羅像が
東京で公開されるのは
57年ぶりだそうです。

阿修羅像を含む八部衆像と
十大弟子像の現存する
全14体が揃って東京で
公開されるのは
初めての様です。

八部衆とは
仏教を保護する神で、
十大弟子とは釈迦の高弟。
いずれも本尊のまわりを
取り巻く仏像です。



「阿修羅」734(天平6)年は像高153センチの乾漆造で、
3つの顔と6本の腕を持つ仏教の守護神とされ、
奈良時代に光明皇后が亡くなった母のために造らせた
八部衆立像のうちの1体です。

20分待ちで入館したものの、中も大混雑。
「阿修羅像」は360度、自由な角度から観る事が出来るのだけど
周りは沢山の人の輪で近づけず、
膝より上の部分しか観れませんでした。

っが、現実に観る正面を向いた阿修羅は想像以上に
美しく、愁いを帯びたお顔でした。(o^-^o)


平成館「阿修羅展」の混雑から外に出ると
博物館敷地内の鮮やかな緑が目に沁みます。


2009-04-18-5.jpg

残りの40分を上野公園内をぶらついていると
何やら人だかりが・・・(o゜ー゜o)??


2009-04-18-6.jpg

2009-04-18-7.jpg
行ってみたら
ヘブンアーティスト公演中。

←おじゃるず


ヘブンアーティストとは・・・
東京都が実施する審査会に
合格したアーティストに
公共施設や民間施設などを
活動場所として開放し、
都民が気軽に芸術文化に
触れる機会を提供
していくことを目的に
行われているそうですねぇ。

アーティストにも都民にも
素敵な事業だと思いました。


KANATA
KANATAさん、芸をしながら
ブログにアクセスして下さい。
って言ってましたので
アドレス貼ってみました。
皆さんもアクセスして見ますぅ?(o^^o)ふふっ♪


いつも応援ありがとうなの。
今日もポチッ!っと応援してね♪(*^ー^*)

にほんブログ村 犬ブログ ペキニーズへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

| お出掛け | 18:07 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。